Bourgogne Aligote 2022 Alice et Olivier de Moor / ブルゴーニュ・アリゴテ アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール

¥4,730

(税込)送料 チェックアウト時に計算

Sold Out

フランス ブルゴーニュ

ブドウ品種:アリゴテ

Chitry(シトリー)村に位置する畑。 畑の下部に植わるアリゴテから造られるワイン。(上部はシャルドネが植わっている。)

Alice et Olivier de Moor / アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール

ディジョン大学・醸造学部の同級生だったアリスとオリヴィエの二人が1994年、計4haの畑からスタートしたドメーヌ。アリスは祖父が農家で、シャブリのほかオーストリア、ポルトガルでも経験を積む。生産の主力はシャブリとアリゴテで創業以来、自社畑は主にシャブリとサン・ブリのエリアにある。創業以来クロード・クルトワなどの生産者達との親交の中、除草剤の使用を減らし少しづつビオロジックに転換。2002年には酸化防止剤無添加キュヴェも実験的に生産したこともあった。

2005年にはビオロジック栽培に完全転向し、2008年に認証を得た。しかし認証取得以前の数年前から既に、枝の誘引や除葉などまでを格別の丁寧さで手作業で行う真摯な栽培が生むワインは、パリのレストラン向けヴァン・ナチュール試飲会などでは常に大絶賛される人気を確立していた。2009年からはネゴシアンもスタート。2017年ヴィンテッジからはシャブリ・プルミエ・クリュのリリースも開始し、ますます意気が揚がる生産者である。息子のロマン・ド・ムールはアリス・エ・オリヴィエのドメーヌで働きながら、自身でもドメーヌを始めた。

LeVendangeurMasquéとは、アリス&オリヴィエが活動しているネゴシアン名。ラベルにはドメーヌ名ではなく、このネゴシアン名のみを記載。ドメーヌは有機認証を取得済みだが、ネゴシアンブドウは有機栽培転換中の畑のものも含まれる。