Carte Blanche Rouge 2022 BK Wines / カルト・ブランシュ ルージュ BK ワインズ

$35.00

(税込)送料 チェックアウト時に計算

Sold Out

オーストラリア アデレード・ヒルズ

ブドウ品種:シラー、ピノ・ノワール、メルロー+ピノ・ノワールの澱

醸造家ブレンダンの独創性と豊かな経験値によって産まれるブレンドの赤。主体となるのは昨年に引き続きシラーで、全房醗酵させた冷涼気候の特徴が良く表現されているセイヴァリーさが特に香りでは前面に。そこへ少量のピノ・ノワールやメルローがブレンドされ、さらにこの年にワイナリーでプレスされたピノ・ノワールの澱を全て投入、結果的に口に含むとおそらく我々が「シラー主体」と聞いて想像する味わいを超えるような、望外の驚きに満ちています。ブレンダン曰く、「2022年のカルト・ブランシュ ルージュはかなり自信がある。もしクリュ・ボージョレが好きなんだったら、絶対に気に入ってもらえるはず」とのこと。

醸造家ブレンダンの独創性と豊かな経験によって産まれるブレンドの赤。主体となるのは全房醗酵させたシラーで、それに少量のPNおよびメルロー(+PNの澱)がブレンド。オーク樽で10ヶ月熟成。ボトリング前に少量の酸化防止剤を添加。ノンフィルター、清澄剤不使用。「まるでクリュ・ボージョレのような」テクスチャーを讃える赤。

BKWinesは醸造家BrendonKeys/ブレンダン・キースによって2007年、南オーストラリア州アデレード・ヒルズに設立されました。ブレンダンはNZ生まれ。当初シェフとしてキャリアをスタートさせましたが、すぐにその情熱はワインへと向くことになります。NZのギズボーンでワインメーカーとしての歩みを始めたブレンダンは、カリフォルニアに移り、オーパス・ワンの醸造ヘッドを務めていたポール・ホブスの元でスキルを磨きます。その後2004年にはポールに乞われアルゼンチンのヴィーニャコボスの設立に参加。しかしポールを尊敬しながらもブレンダンは、JuraやAlsace,Burgundyのナチュラルでありながらモダンなスタイルのワインに傾倒していき、2007年、ついに自らの夢を果たすべく小さなワイナリーをアデレード・ヒルズの森の中に興しました。
ブレンダンの目指すスタイルはナチュラルですが決して懐古的ではなく、アヴァンギャルドとさえ呼べるものです。野生酵母での醗酵や亜硫酸の最小限の使用(もしくは0)を前提とし、スキンコンタクト・カーボニックマセレーション・全房醗酵、さらには産膜酵母を使った造りなどを、自ら足を運び選んだ単一畑から収穫されるブドウの状態に合わせて多彩に用います。しかし細部にまでブレン
ダンの情熱と最大限の注意が向けられ出来上がるワインは極めて高い完成度を誇り、シリアスな側面とフレンドリーな表情を併せ持つ見事な個性を獲得しています。我々は彼のワインを飲むことで、底知れないブレンダンの世界を覗き見ることになるのです。