Ego is the Enemy 2022 BK Wines / エゴ・イズ・エネミー BK ワインズ

¥5,940

(税込)送料 チェックアウト時に計算

 在庫  4   

オーストラリア アデレード・ヒルズ

ブドウ品種:ピノ・グリ

かつてオヴムという名前でリリースされていたピノ・グリの白で、新たな名前を与えられ数年ぶりに日本へとご紹介できることになりました。以下に説明させて頂くグリューナーと基本的に造りは同じで、全房でプレスされた液体はそのまま1800Lというサイズのエッグタンクへと入れられ、醗酵~熟成までそのまま「胎内で過ごすように」置かれます。非常に印象的なこのワイン名には、ここ数年ピノ・グリの表現において「残糖」「スキン・コンタクトの有無」「アルコール度数」など様々な要素でブレンダンが感じていたであろう醸造家としての葛藤が背景にあるのだと思います(すみませんここ小原の勝手な想像です。ブレンダンはそういう野暮なところを積極的には説明しないので)。その葛藤を超え、醸造家としてのエゴを捨てた結果の液体がボトルに込められているのでしょう。

特徴的な形のセラミック製エッグタンク(1800L)で仕込まれるピノ・グリで、元々はオヴム=卵という名前が与えられていたが「数年の葛藤を経て」新たな名前でリリースとなった。エッグタンクへと全房プレスされそのまま「人の胎内で過ごすように」約10ヶ月自然醗酵および熟成。ボトリング前に少量の酸化防止剤を添加。ノンフィルター、清澄剤不使用。

BKWinesは醸造家BrendonKeys/ブレンダン・キースによって2007年、南オーストラリア州アデレード・ヒルズに設立されました。ブレンダンはNZ生まれ。当初シェフとしてキャリアをスタートさせましたが、すぐにその情熱はワインへと向くことになります。NZのギズボーンでワインメーカーとしての歩みを始めたブレンダンは、カリフォルニアに移り、オーパス・ワンの醸造ヘッドを務めていたポール・ホブスの元でスキルを磨きます。その後2004年にはポールに乞われアルゼンチンのヴィーニャコボスの設立に参加。しかしポールを尊敬しながらもブレンダンは、JuraやAlsace,Burgundyのナチュラルでありながらモダンなスタイルのワインに傾倒していき、2007年、ついに自らの夢を果たすべく小さなワイナリーをアデレード・ヒルズの森の中に興しました。
ブレンダンの目指すスタイルはナチュラルですが決して懐古的ではなく、アヴァンギャルドとさえ呼べるものです。野生酵母での醗酵や亜硫酸の最小限の使用(もしくは0)を前提とし、スキンコンタクト・カーボニックマセレーション・全房醗酵、さらには産膜酵母を使った造りなどを、自ら足を運び選んだ単一畑から収穫されるブドウの状態に合わせて多彩に用います。しかし細部にまでブレン
ダンの情熱と最大限の注意が向けられ出来上がるワインは極めて高い完成度を誇り、シリアスな側面とフレンドリーな表情を併せ持つ見事な個性を獲得しています。我々は彼のワインを飲むことで、底知れないブレンダンの世界を覗き見ることになるのです。