Rosso Masieri 2022 La Biancara / ロッソ マシエリ ラ ビアンカーラ

¥3,740

(税込)送料 チェックアウト時に計算

Sold Out

イタリア ヴェネト

ブドウ品種:メルロー、タイロッソ

ロッソ マシエリは、収量がある程度見込めるメルローと地元の品種タイロッソをブレンドしたワイン。 かつては他の品種もブレンドされていたが現在はこの2品種で造られている。
ステンレス製の発酵槽にて5日ほどのマセレーションとアルコール醗酵。圧搾後、ステンレスタンクで8か月間熟成させた後にボトリング。SO2は基本無添加だが、ヴィンテージによっては添加する判断をすることもある。

LaBiancara / ラ・ビアンカーラ

ガンベッラーラはソアーヴェの隣に位置する小さなDOC地区。アンジョリーノ・マウレはこの土地で古くから栽培されているブドウ品種ガルガーネガの可能性を信じ、1989年よりワイン造りを始め、現在では11haの畑から年間約5~6万本を生産している。
畑の土壌は火山岩質で、ミネラル分に富んでおり、斜面も日照条件のよい南東・南西向き。畑では”無施肥”による有機農法を実践している。ワイナリーにおいては、年々異なるであろう畑、そしてブドウの皮に付く酵母をはじめとする様々な微生物の生息状況も
それぞれのヴィンテージの特徴であると考え、野生酵母のみを使用して醗酵させ、
醗酵・熟成には酸化防止剤の添加を一切行わない。ボトリング時もノンフィルターで、キュヴェ、ヴィンテージによってはボトリングの際も酸化防止剤を使用せず、ノンフィルターでボトリング。