Santis 2021 Weingut Wihler / サンティス ヴァイングート・ウィラー

¥3,850

(税込)送料 チェックアウト時に計算

Sold Out

ドイツ バーデン

ブドウ品種:シャルドネ、ミュラー・トゥルガウ

淡いレモンイエロー。みかん、甘夏、開けたてはほんのり磯の香り。全体的にはトーン低めでシトラスピールのほろ苦さ、高い酸味はなめらかで全体の全ての要素が溶け込んでおり、複雑性をだしています。液体には丸みがあり心地よいミネラリーなアフター。

カイザーシュトゥール地区イーリンゲン村のオーガニックのぶどう(黄土、ローム、火山岩)を使用。手摘みで収穫、選果後、シャルドネは全房でダイレクトプレス、ミュラートゥルガウの一部は全房、一部は除梗、足で破砕し、1週間スキンファーメントし、プレス。それぞれ、ステンレスタンクに移し、シュールリーにて発酵、熟成。2022年12月にブレンドし、ノンフィルター、酸化防止剤なしで瓶詰め。

Weingut Wihler / ヴァイングート・ウィラー 

Ina Luisa Wihler / イナ・ルイーザ・ウィラー

ワインの美しさは、人生と同じように、日々続く物語のよう。ワインは曲がりくねったエキサイティングな道筋を作り出し、のちにしずくの中にたどりつくことができる。

そう熱く語るのが、南ドイツ、バーデン地方カイザーシュトゥールでワインを造る当主のイナ・ヴィーラーさん。常にこのことを意識し、自分の仕事は1年365日の物語を保存することだと言う。彼女の祖父はワイン醸造家だったが若くして亡くなり、祖母が姉とともにワイン造りを引き継ぎ、彼女は、高校卒業後、ガイゼンハイム大学でぶどう栽培を学び、オーストリア、ドイツのワイナリーでビオディナミ農法を勉強した後、祖母の畑を引き継ぎ、2016年に3000本あまりだが、念願の初ヴィンテージをリリースした。現在、美しいカイザーシュトゥールの健康的で健全な畑で、5年間、2.5ヘクタールの畑で農薬などを使わずにぶどうを栽培し続けており、また、1890年遡る古いワイナリーを自分たちで改修中で、温度を一定に保つアースセラーも計画中だとか。祖母と大叔母からインスピレーションを受けて育った彼女は、古くからの伝統と文化を大切にし、自分のワインに家族の歴史の一部を写し出すよう心がけている。