Une Tranche Made in Chenas 2018 Philippe Jambon / ユンヌ・トランシュ メイド・イン・シエナ フィリップ・ジャンボン 

¥6,270

(税込)送料 チェックアウト時に計算

Sold Out

フランス ブルゴーニュ(ボージョレ)

ブドウ品種:ガメイ

少々濁った淡いルビー色の外観。スミレの様なフローラルな香りに、ラズベリーの様な赤い小粒のベリー系果実の香りが徐々に立ち上ってきます。その後、徐々にダークチェリーの様な熟れたニュアンスが膨らんできます。味わいは非常にチャーミングで、スルスルと喉を通る軽やかなテクスチュアに仕上がっており、小粒な果実と白胡椒の様な軽いスパイスの複雑な味わいが魅力的で、ドメーヌ物にも感じられるニュアンスも備わっています。2018年と言えば、近年で最も暑い年であったにも関わらず、エレガントで繊細系の味わいに仕上げています。猛暑かつ降雨量が非常に少なかった為、葡萄の樹にストレスが掛かり、同時に糖度が極端に上がりった為、エネルギーに満ちたワインのバランスを取るためにゆっくりと長い発酵が必要だった為、例年以上に時間を掛けて熟成させたとの事。繊細な果実味と同時にジワジワと立ち昇って来る旨味が魅力的な素晴らしいワインです。


代々ブドウ栽培を手がけていた家系に生まれ、ナチュラルワイン造りに取組むべく2014年に独立したドメーヌ・ ルイ・ダミアン・ ブシャクールの手によるものです。人と自然との共生や関わりをワインに反映させるをコンセプトにワイン造りに取組むルイ・ダミアンは、ビオロジックによる栽培を採用。自然酵母による発酵、1ヶ月におよぶ長めのマセラシオン、木樽での熟成を経て亜硫酸無添加で瓶詰めされます。なお、このキュヴェのみ毎年AOCを取得しています。


【作り手について】
「自然派ワインが大好きでたまらない」そんな熱い想いをほとばしらせ、情熱的に話し続ける姿が印象的なフィリップ・ジャンボン。時に頑固なまでの真剣さでワイン造りに向き合う彼は、自然派の生産者仲間から愛着をこめて「自然派バカ」と呼ばれることも。フィリップ・ジャンボンはかつて、スイスの名門レストラン「ジラルデ」にてソムリエの職に就いていました。そこで、マルゴーやラフィットといったグランヴァンを口にし、それらが最高のワインであると考えていました。しかしながら、ある時に口にしたグラムノンのワインをきっかけに、「自然派ワイン」の素晴らしさに心打たれたといいます。そして、ついに1997年にボジョレー地区にて南向き斜面の樹齢の高い畑を手に入れ、自身のワインを造り始めたのです。
当初、手に入れた畑は僅か1haで、畑仕事や醸造に必要な器具を満足に用意することもできず、醸造所やセラーですら自宅の物置を改造してなんとかワインを造っていたという状況でした。そんな彼も徐々に畑を買い足し、引越しを経て、満足いくワインを造るための環境を整えてきました。現在、彼のセラーにはリリースを待つ(実験的に造られているキュヴェを含む)様々なワインが眠っています。「どんなワインに育つかは、ワインだけが知っている。ある日ある時までに決まった味わいのワインを造ることはできないよ。」そう言い放つまでに、十分な畑での仕事と丁寧な醸造を行っているのは言うまでもありません。

【ユンヌ・トランシュ シリーズについて】
フィリップ・ジャンボンが、彼を慕う若手や新たに挑戦する生産者を応援するスタイルで展開する「ユンヌ トランシュ」シリーズ。当然ながら経験豊富なフィリップ本人のアドバイスをしっかり受け止めたワインたちなので、味わいは折り紙つき。フィリップ・ジャンボンが自信を持ってリリースしています。また、フィリップ・ジャンボン自身のワインは、何処までも深い探究心のため、数年に一度(オリンピック級)僅かなリリースという状況・・・彼自身のワインを作り続けるための、大切な側面も持ち合わせています。