VdF Blanc - à l’ombre des jeunes vignes en fleurs 2019-2020-2021 Yannick Meckert / ア・ロンブル・デ・ジューヌ・ヴィーニュ・アン・フルール ヤニック・メッカ―ト

¥3,630

(税込)送料 チェックアウト時に計算

Sold Out

フランス アルザス

ブドウ品種:オーセロワ98%, ミュスカ2%


キュヴェ名はマルセル・プルーストの長編小説「失われた時を求めて」の中の一冊である、「À l'ombre des jeunes filles en fleurs」から。2021VTをベース(80%)に2019VTと 2020VTのソレラも加えている。ミュスカ はワインの味わいからは感じられない程度。比較的穏やかな酸とテクスチャーで、 シンプルに仕上げている。

2020年がファースト・ヴィンテッジ。ブルゴーニュ出身の母とアルザス出身の父との間に生まれ、ふたつの地域で育った。ボーヌとモンペリエでブドウ栽培と醸造を学んだ後、一旦は両親の経営する小さなドメーヌでワイン造りを志すが、除草剤などの使用は自分には無理だと悟り、バックパック1つ背負って世界中のワイン産地を巡り、彼が “師匠” と仰ぐ、生産者の下で自身のワイン造りの基礎を築く。同時にソムリエとしての経験も積む。多くのナチュラルワインの造り手と出逢い、生まれ育った村での保守的なワイン造りとは違う「人と違うワイン造り」を目指す勇気を得たヤニックは、故郷のアルザスに戻り、ロスハイムで自身のワイン造りに着手した。認証はえていないものの、ビオロジック農法を実践し、瓶詰は亜硫酸無添加で行う。先入観を持たずにワインを飲んでもらいたいという想いから、エチケットに産地は書かず、ブルゴーニュボトルにワインを詰めることにした。アルザスに約2haの畑を購入し。ビオロジック栽培を実践。また、経済面を補強するために、友人のジャンヌがビオディナミで世話をする畑のブドウでネゴシアンとしてのワイン造りも行っている。醸造面ではジュール・ショヴェ(の本)の影響を受けており、全房での発酵としっかりとした抽出を行う。

土壌:粘土質、青色片岩土壌
樹齢:1980年植樹
位置:標高200m
ダイレクトプレスと10日間のマセレーションを混ぜて醸造。バリックとドゥミ・ミュイ(600L樽)で11ヶ月熟成。
2019と2020年のソレラも加えている。