陽はまた昇る 2020 ココ・ファーム・ワイナリー

¥3,630

Tax includedShipping calculated at checkout

Sold Out

日本 栃木

ブドウ品種:タナ 82%、カベルネ・ソーヴィニョン 17%、メルロ 1%

色合いは深みのある黒いガーネット。香りはダークチェリーやカシスの黒い果実に、ナツメグや白檀、なめし皮、石灰、スモーキーな香りを複雑に感じる。味わいは舌触りの良いタンニンと滑らかな酸のバランスが良く、余韻に香ばしさと程よい渋みが続く。

料理との相性

こころみ学園産原木栽培椎茸のソテー、炒り銀杏、アスパラガスとポーチドエッグ、豚肉のリエット、穴子の蒲焼き、鱈の焼き白子、ピーマンの肉詰め、豚ひき肉のクミンパスタ、レバニラ炒め、仔羊のロティ、ブフブルギニヨン

飲み頃

2022年から2027年は、果実味とフレッシュな酸を感じる清涼感のある味わいが続く。2028年からは、熟成によりタンニンが滑らかになり、旨味や香ばしさ主体の味わいへと変わっていくだろう。

テクニカル・データ
品種: タナ 82%
カベルネ・ソーヴィニョン 17%
メルロ 1%
畑: 山形県上山 南果連協同組合
山梨県北杜市 シティファーム
収穫: 2020/10/10, 12, 18, 26
2020/11/05
収穫方法:手摘み
醗酵: 熟した葡萄を除梗し軽く破砕して、小型のタンクへ移す。ルモンタージュを行いながら、徐々にマストを温めてゆく。2、3日すると野生酵母による醗酵が自然に始まる。醗酵は高めの温度で進み、残糖がなくなるまで続く。注意深くルモンタージュを続けながら、十分な色素と風味を抽出する。約2週間醸した後、マストを搾り、ワインを皮と種から分ける。その後、木樽に移し野生乳酸菌によるMLF(マロラクティック醗酵)を促す。
熟成: オークの木樽で約12~13カ月熟成。
瓶詰: 澱引きし、無清澄・無濾過でビン詰。ビン詰日: 2021/12/22, 23  本数: 11,526本(750ml)
アルコール: 12.4 %   酸度: 8.8 g/L.   残糖: 0.03 g/L.