Genchi 2023 Fattoria AL FIORE / ゲンキ ファットリア アルフィオーレ

¥3,850

Tax includedShipping calculated at checkout

Only 1 left!

日本 宮城

ブドウ品種:ネオマスカット51%、セイベル 9110 45%、デラウェア 15%

生産者コメント

例年通りトロピカルフレーバー全開なゲンキです。2016年より始まったネコシリーズですが、このゲンキは2018年までナイアガラをメインとしておりました。しかしながら、納得のいくナイアガラになかなか出会えず、2019年よりネオマスカットやデラウエアなどをブレンドしながら、トロピカルフレーバー全開に仕込んできました。そんな折、2020年に委託醸造者として、岩手県紫波町の若手農家・佐々木譲さんとご縁をいただき、自身でDomaineHasipaというブランドを立ち上げ、彼が育てたぶどうで、ワイン造りを開始。栽培品種はナイアガラ、ヒムロット、キャンベルなど。彼のナイアガラを食した時、とても良いナイアガラで、羨ましくもありました。当初に仕込んだワインも、ナイアガラでこの表現までいけるの?と思うくらい可能性を秘めていました。そして2023年、「新規で譲り受けた畑のナイアガラをいりますか?」というご連絡をいただき、即座にお願いしますと答えたことを覚えています。結果として、2016年のオリジナルに近いセパージュで、仕込むことができました。ナイアガラ、ネオマスカット、セイベル、異なる3つの香り高いフレーバーのぶどうを合わせることで、よりナイアガラの良さが引き立ちます。

2023年は東北の至るところで、特異な気候による晩腐病という病気が流行し、収量がだいぶ減ったため、いつものポテンシャルまでは、持っていけなかったと思っています。こればかりは仕方ない。来年は、より良いナイアガラで、もっとその個性を引き出せるワインを仕込みたく思っています。このヴィンテージでも、その良さは十分に伝わるとは思いますが、来年はより期待してください。

◯味わい :黄桃、パッションフルーツ、ホップ、マクワウリ、ピンクペッパー
 ◯シーン :野菜やお魚を使った前菜との相性が良く、体を動かした後にもオススメ
◯温度帯 :10~14°C
◯グラス :口の広いモンラッシェグラスなど 
◯お料理 :白身魚のカルパッチョや、昆布締めした料理、トマトのお浸し
◯飲み頃 :今~2027 年
◯飲みきり:抜栓から 5 日ほど
Label designed by ito design studio